カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
 最新の日記
 プロフィール

PROFILE

 RECENT COMMENT
OTHERS
<< 代わりにツイッター | TOP | 小顔で得すること無し >>
またこんな悪夢

まな板が欲しかったんかい。

特にストレスはないと思うんだけど、またしてもヤバそうな夢を見たので
聞いてちょうだい。いえ、絶対聞いて!
悪夢を見た時は、人に話しまくると良いという信憑性の薄い話から(苦笑)

Zzz・・・

まな板を買いに海へ行った。母や親戚(伯母、いとこ) も一緒である。
私は、テトラポットに並べてあるまな板から、使いやすいまな板を一生懸命
選んでいる。(何故、テトラポットの上にまな板があるかは不明だが夢なので気にならない)

「こっちにもなま板があるよ〜」

親戚たちのその声に呼ばれて、海の真向かいに出現したボロ雑貨屋へ入った。

和風のボロ店内には、カビの生えた食べ物や汚いまな板が置いてあって
その中には、どこから見ても遺品にしか見えない物や見知らぬ男の写真。
そして、沢山の位牌と一緒に神棚風の仏壇まで置いてある。

私は何となくそれに手を合わせ「成仏してくださいね」と呟いた。

するとそこへ、ボロ雑貨屋の女店主と大きな犬が突然私に近づいてきて
手を合わせている私の手を、その大きな犬がガブリと噛みやがった!
生暖かい口の中の感触以外に痛みとかはまったくない。

「むやみに手を合わせたりしない方がいいですか?」

私は女店主にそう言った。

「いえ、いいですよ、手を合わせて帰られる方もいらっしゃいます」

女店主はそう言うと、私の目を見続けたまま部屋の障子をスーッと開けた。
こっちを見よ!と言わんばかりの表情につられて目をやると?
海を背に建てられたブロック塀の上に大量の生首が並べられていた。(泣)


(自作イメージ画)

ニタニタ笑う顔や泣いてる顔、目を大きく見開いてキョロキョロすんな!
そんな生首が数えられないくらい均等にズラリ。

私は、この状況を早く身内に知らせなければと店内に目を戻した。
と、そこには、生首に釘付けになった親戚たちが、色んな形のまな板を
持って口を開けて立っていた。

こんな夢見るってどう?

確かに私はずっと前からまな板が欲しいんだけど、まな板欲しいごときで
こんな夢見るってどうなん。
というか、この手描きイメージがあまりにも恐くなさすぎてむかつくほど
実際は気持ち悪くて恐かったちゅーねん。
つい先日も、ツイッターにつぶやいて騒いだ大火事の夢にしろこれにしろ
私はどうやら非常なストレス環境に現在あるようです(笑)

追伸
本日、ブログを再開しました。
過去の書かれていない記事は、現在作成中につき後日またご覧下さい。
計20日分の更新予定です。(今頃)

posted by 近藤 有華 (こんどう ゆか) >> | 23:50 | 私の見た悪夢 | comments(1) | - |
コメント
なるほど。
2010/10/30 18:01 by 通
コメントする